2013/11/16

「経絡(けいらく)」って何だろう?

おはようございます。
代表の松尾です。

当サロンでは、全身の「経絡(けいらく)」を調整する整体法を取り入れています。

体の中の「経絡」に軽く触れることで刺激を与え、体の深部(インナーマッスル)まで緊張を緩め、筋肉のバランスを整えて直接の患部の改善につなげる との考えによるものです。

東洋医学の重要な概念の一つに「気血」があり、「エネルギー」と表現するのに近いものです。
その 気血の流れる通路のことを『経絡』といい、全身に14本の経絡があります。
そしては経絡上の要所に「ツボ」あり、ちょうど地下鉄が駅で地表と通じているように、体表との開口部であり、全身に360余り存在します。

keiraku

当サロンでの整体は、全身の経絡のライン上のツボを丁寧に刺激します。
「いた気持ちいい」感覚を感じていただけると思います。

 

もう少し詳しく「気血」と「経絡」をご説明します

東洋医学では「気」が身体の中をスムーズに「流れていること」が生命を維持する上でとても大切な要素としてとらえらています。
その流れとは 1)物質(食物・酸素他)  2)エネルギー  3)生命情報  の3つの流れです。
3種類の性質を同時に持っている「気」は、1)の物質としての性質を「血」と呼び、 2)エネルギーと3)生命情報の性質を「気」と呼んで区別しています。
「血」は西洋医学の血液と勘違いされがちですが、「血」は栄養素やホルモン・消化酵素といった全ての物質を含む幅広い概念と解釈します。

「気」のほかに身体に中を流れるルートとして「経絡」があります。
東洋医学の生理・病理・病機、そして治療理論には「気」が「経絡」というルートを通って全身を流れているという説がベースになっています。
この「経絡」も「気」と同様に概念的イメージで捉えがちですが、この経絡理論はとても現実的な臨床観察をベースに構築されているものなのです。

鍼治療を受けたことがある人は、身体のある場所に鍼を打たれると、その場所から電気が放射されたような感覚を覚えることがあると思います。
これは「響き」と呼ばれ、この「響き」がどこからどこへ伝わっていくかを克明に観察して生まれたのが経絡理論です。

keiraku2

西洋医学での情報伝達ルートとして神経系とホルモン分泌の内分泌系、近年では皮膚と脳の間のネットワークが研究されています。
「経絡」はそのいずれにも属さない伝達ルートなのです。
西洋医学の理論では説明困難なのですが「経絡」をベースとした理論ではごく自然な現象として説明されます。

「経絡」は全部で14ルート (12正経ルートに任脈と督脈を加えたもの)あるとされ、この経絡上に「経穴」と呼ばれるツボが361箇所点在するとされます。
(日本と中国で微妙に違いがありますが、WHO(世界保健機構)によって世界統一基準が設定されています)

参考書籍:東洋医学のきほん/日本実業出版社

 

カテゴリー: ●健康について, 経絡

2013/08/28

季節の変わり目 風邪にご注意♪かぜに効くツボと食べ物♪

こんばんは。

 

日中はまだ蒸し暑いですが、

朝晩はだんだん涼しくなってきましたね。

 

秋の入り口ですもみじ

 

わが家では、0歳の娘が、ちょっと咳をしていたので

きのう病院へいってきたところです。

 

季節の変わり目になると、どうしても風邪をひきやすいものですねあせる

 

東洋医学では、病気を引き起こす原因として

風・寒・暑・湿・燥・火による6つの邪気を「六邪」とあらわした言葉があります。

自然界の気候の変化も、病気の原因になるのですね。

ということで、

きょうは風邪に効くツボをご紹介します。

①大椎

頭を前にまげ、

首の後ろにあるいちばん出っ張っている骨

のすぐ下です。
青葉台徒歩2分 女性のための整体&ヨガサロン Smile Body 南雲ゆりえのblog

②風門

おなじく頭を前にまげ、

首の後ろにあるいちばん出っ張っている骨

から2つめの骨のすぐ下から左右に1寸5分のポイント。
青葉台徒歩2分 女性のための整体&ヨガサロン Smile Body 南雲ゆりえのblog

③照海

内くるぶしのてっぺんから

1寸下にあるくぼみ。

(のどが腫れて痛いときにも)

 

青葉台徒歩2分 女性のための整体&ヨガサロン Smile Body 南雲ゆりえのblog

お風呂上りなど、ちょっとしたリラックスタイムに

押してみてくださいねキラキラ

それから、おすすめの食べ物は・・・

 

体を温める

生姜・ネギ・にら

 

のどをうるおす

はちみつ・梨・大根おろし

 

咳やたんを減らす

にんにく・生姜・たまねぎ

などがおすすめです。

症状がでていない未病のうちに

ぜひ風邪対策してみてくださいねキラキラ流れ星

2013/08/25

「ツボ」って、実はなに? 五臓六腑を活性化♪



きょうは「ツボ」のことについて書かせていただきます流れ星

「ツボ押し」というのはよく耳にするかと思います。

 

「ツボ」というのは、

押すと体に良いもの、

ということはみなさん知っていらっしゃると思いますが

 

それでは「ツボ」ってそもそも何でしょうか??

SmileBodyでは「経絡」を刺激して筋肉のバランスを整えていく療法をとり入れていますが

「ツボ」は、「経絡」の上を通っているポイントのことです。

では、まず「経絡」とは・・・

気や血が流れる通り道

五臓六腑とつながる連絡網の役をしています。

※五臓六腑は、

心臓・肺・ひぞう・肝臓・腎臓の5つの臓と

胆・胃・小腸・大腸・膀胱・三焦の6つの腑のこと。

いうまでもなく、これらの機能が良くはたらいていると、健康につながりますし

機能が弱まってしまうと、からだのバランスが崩れてしまいます。

健康な人の体では・・・

「経絡」に気や血がスムーズに流れて、五臓六腑に送られ、各機能が活性化しますキラキラ

 

でも

「経絡」の流れがつまってしまうと・・・

五臓六腑に気や血が届かなくなり、健康が損なわれてしまいますくもり

そこでキラキラ

「経絡」が五臓六腑と連携していることを利用して、経絡をつかって不調を改善するのです.

体の表面を通っている経絡を刺激することで

そこから気や血の流れに勢いがつき、五臓六腑に届きます。

そして各機能が活発に動きだし、不調が改善されるのです虹

 

 

そして「ツボ」とは・・・

「経絡」のなかの、刺激が伝わりやすいポイントのこと。

「ツボ」を刺激すると、それが体の奥深くまで伝わり

からだの内部の治療ができるのです。

 

たとえば歯が痛いとき

親指と人差し指の間にある

合谷というツボを押すと、痛みが軽くなる、というように

 

からだに不調があるときに、

その原因となっている五臓六腑・組織とつながっているツボを介して

よりピンポイントに不調を改善することができます。

青葉台徒歩2分 女性のための整体&ヨガサロン Smile Body 南雲ゆりえのblog

みなさんも、ぜひツボをつかって、健康でうつくしいからだを手に入れましょうブーケ2

これから、各ツボの紹介もしていきたいと思います。

 

カテゴリー: ●健康について, 経絡
ページトップへ