fbpx

2019/08/29

Q&A『座位の前屈で、腹筋がつる』 ヨガインストラクター Emi

ヨガインストラクターの Emi です。こんにちは。

emi-3

ヨガ Q&A シリーズ はこちら

『腹筋がつる』
詳しい「予防法・根本改善法」こちら
図解「足や腹筋がつる」原因と改善法

 

♦Q&A『座位の前屈で、腹筋がつる』

.

先日、あるクラスの後に、

「家で座って前屈をしていたら、腹筋がつってしまいました。

お腹がつるって、どういうことですか?」

というご質問を頂きました。
.

筋肉がつるのは、脚だけではなくて、腹筋もつることがあるんですよ。

.
o0248010413648033734
.

●腹筋がつる原因

脚でもお腹でも、筋肉がつる、痙攣するのは、

筋肉疲労、と言われています。

筋肉の持っている力以上に、いきなり筋肉を働かせたため、

筋肉が急激に収縮してしまう状態です。

自分ではコントロールできません。

お腹がつるというのは、おそらく、

腹直筋、腹斜筋かな、と思います。

.
●もし腹筋がつったら

まずは安静にして、収縮が治まるのを待ちます。

治まったら、少しずつ動きますが、

収縮した筋肉を、反対に伸ばす動きをします。

前屈でつった場合は、お腹を伸ばして、軽く後屈、

または体側を伸ばす、

などを行うと、硬くなった筋肉が解れてきます。

深い呼吸をして、リラックスするのも大事ですよ。

クラス中の場合でも、つってしまったら、

落ち着いて対処すれば大丈夫です。
.

●腹筋がつらないために

座位の前屈で腹筋がつってしまう方は、

ハムストリングスやふくらはぎが硬く、

マットの上で膝を伸ばして座るだけでも大変かもしれません。

ハムストリングスやふくらはぎが硬い場合、

膝を伸ばして座ると、骨盤が後傾して、

ゴロンと後ろにひっくり返りそうになる感じです。

ひっくり返らないように、腹筋で支えようとするので、

前屈する前に、自分の腹筋の力以上で頑張っているはずです。

そこから前屈すると、さらに負荷がかかり、

つってしまうことになるのではと思います。

.
このような場合は、
.
ヒップの下にブランケット等を入れて、坐骨の位置を少々高くします。
.
そうすると、骨盤が後傾が和らぎますので、

比較的楽に、骨盤が立つような感じで座れます。

(脚の後ろ側が若干強く伸ばされることもあるので、気をつけながら)
.
または、
.
膝は伸ばさず、少し曲げて、骨盤が後傾しない位置で座ります。
.
(脚の後ろ側の伸びは浅くなりますが、

腰や背中などが伸びやすくなります)
.

前屈のすべての効果を得ようとしなくても、

他のポーズで代用することが可能です。

自分の体にあったポーズにして練習しましょう!

 

もっと詳しい「自分で行える予防法」「根本改善法」は こちら をご覧ください。

図解「足や腹筋がつる」原因と改善法

.

IMG_3924
 

Emi

 

2019/08/24

肩の動きー2)バインドが苦手なのは、腕と胸が原因かも(肩こり対策) ヨガインストラクター Emi

ヨガインストラクターの Emi です。こんにちは。

emi-3

.

 

肩の動きー1)「バインド」のちょっとしたコツ

 

の続きで、肩、そして肩こりにもつながるお話です。

 

バインドが苦手、という方も結構いらっしゃると思います。

 

特にヨガを始めたばかりの時は。

 

こんな肩や腕の動き、普段しませんよね。

 

バインドが苦手なのは、腕と胸が原因かもしれませんよ。

 

 

o0256013513729642104

 

.

●三角筋と大胸筋

 

バインドするときの上腕は、

 

内旋(内側へ回す動き)と

 

伸展(後ろに向かう動き)をしています。

 

腕がなかなか後ろに伸びていかないな、という方は、

 

もしかしたら、これらの筋肉が硬いのかもしれません。

 

まずは、三角筋の前部

 

o0480064113729724381

 

大胸筋の上部

 

o0480064113729724375

 

.

濃いめに塗ってある部分です。

 

どちらも、鎖骨から、上腕骨(腕の骨)についてますよね。

 

一緒に動く筋肉です。

 

ここが硬いと、腕を後ろに伸ばそうとしても、

 

硬くて動きが制限されてしまいます。

 

バインドの動きをしたり、

 

腕を背中や腰の方に回して、指を組む動きでストレッチできます。

 

胸を開くので、気分も解放されますよ。

 

.

 

●肩こりの原因にも

 

整体で、この三角筋や鎖骨まわりの大胸筋を解すと、

 

すぐに可動域が広がるのがわかります。

 

一度触れてみて下さい。

 

たぶん硬い方は、軽く押しただけでも痛いかもしれません。

 

これが肩こりの原因にもなります。

.

.

●なぜ硬くなるの?

 

猫背などの前屈みの姿勢や、

 

腕を前に出して行う作業などで硬くなります。

 

私たちの日常の作業って、

 

腕を前に出して行うことがほとんどです。

 

PCやスマホの操作、

 

料理、

 

字を書く、

 

自動車や自転車の運転、

 

他にもたくさんありますよね。

 

それらの作業をやらない訳にはいきませんから、

 

日頃から硬くならないように、ケアしてあげましょう。

 

肩の動きー1)「バインド」のちょっとしたコツ
.

IMG_3924
 
Emi

 

 

 

2019/08/23

肩の動きー1)「バインド」のちょっとしたコツ ヨガインストラクター Emi

ヨガインストラクターの Emi です。こんにちは。

emi-3

 

以前の記事で、最近、体のある変化を感じたこと を書きました。

 

具体的には、肩関節の可動域が広がったんです。

 

o0640042413729672624

 

 

そこで、あらためてバインドする動きをいろいろしてみたら、

 

より気持ちよく感じました。

 

今回はバインドのちょっとしたコツを書きます。

.

 

●バインドって?

 

バインドとは、「縛る」という意味です。

 

ヨガのアサナの練習では、両腕を後ろにまわして、

 

指を組んだり、片手で反対の手首あたりを掴んだりします。

 

こんなポーズで行います。

 

o0256013513729642104

 

MarichyasanaA です。

 

.

●関節の動き

 

ちょっとしたコツは、

 

「関節がどのように動いているか」を理解すること

 

です。

 

ただ何気なく、腕を後ろにまわすのと、

 

関節がどのように動いているかを知り、

 

最大限に動かして、腕を後ろにするのとでは結構違います。

 

 

肩の動きを見る時は、

 

肩甲骨(肩甲帯)と、肩関節(腕)の両方を確認すると

 

わかりやすいです。

 

肩甲骨と腕は連動して動いているので。

 

MarichyasanaAで説明しますね。

 

左右どちらも、

 

肩甲骨は、下方回旋と内転

 

肩関節は、伸展と内旋

 

です。

 

 

肩甲骨は、この図のように、

 

o0480064113729663030

 

背骨の方向へ近づく動き(内転)と

 

下角(肩甲骨の一番下の頂点のところ)が

 

内側と同時に下へ向かう動き(下方回旋)です。

 

そして肩関節、上腕は、後ろに向かう動き(伸展)と

 

上腕が内側に回る動き(内旋)です。

 

 

特に注目したいのが、

 

上腕を内側に回す動きです。

 

これをできる限り深く行って、後ろに腕を動かすのと、

 

そうでない場合の違いは結構大きいです。

 

反対の手がつかめなかった方も、

 

実はつかめるかもしれませんよ。

 

この肩関節、脱臼しやすい部分でもあるので、

 

無理のないようにしながら、ぜひお試し下さい。
.

IMG_3924
 
Emi

 

 

2019/07/17

足首が硬いことと脚のむくみ ヨガインストラクター Emi

ヨガインストラクターの Emi です。こんにちは。

emi-3

 

今回は、足首の硬さとむくみについてです。

.

●「足首が硬い」原因

「私、足首が硬いんです」と仰る方がたまにいらっしゃいます。

足首の硬さがわかるポーズがあります。

マーラーアサナ(Malasana・花輪のポーズ)です。

簡単に説明すると、しゃがむ、スクワットのポーズです。

足首が硬い場合、しゃがむと、カカトが床につかない、

そして後ろにゴロンと倒れそうになることがあります。

足首が硬いというのは、

アキレス腱やふくらはぎの筋肉が硬い、という原因が考えられます。

アキレス腱やふくらはぎの筋肉を柔軟にするには、

足首のねん挫 した時のヨガ・防ぐヨガ をご覧下さい。

他にも、足の裏をほぐすのも効果的ですよ。

床と足の裏の間に、テニスボールを挿んで、その足に体重をかけたり、

ゴロゴロ転がすと解れてきます。

ヨガのポーズでは、ランジの後ろの足で足裏をしっかり使いますよね。

t02200165_0640048013716678392

.

●足首とふくらはぎの硬さがむくみにもつながる

足首が硬いのは、ふくらはぎの筋肉の硬さが原因、

ということは、

下半身の血流が良くない、下半身がむくみやすい、のです。

ご存知のように、ふくらはぎは、第二の心臓と言われています。

下半身の血液を、心臓に送り返す、

まさに心臓のような役割をしているのです。

ふくらはぎが硬いと、血流が悪くなり、

下半身のむくみやだるさにつながります。

特に、下半身が冷えたり、疲労がたったりすると、

むくみやだるさを感じることが多いので、

寝る前に少しでもふくらはぎのケアをすると、

翌朝、脚が軽くなりますよ。

ぜひお試し下さい。

.

IMG_3924
 

Emi

2019/07/08

足首のねん挫 した時のヨガ・防ぐヨガ ヨガインストラクター Emi

ヨガインストラクターの Emi です。こんにちは。

emi-3

 

今回は、私のことなんですが、足首のねん挫についてです。

学生時代に足首をねん挫して、それ以来、いわゆる

「ねん挫のくせ」がついてしまいました。

本当にわずかな段差でも、足を挫いてしまうのです。

t02200147_0640042713713588208

 

こんな、ヒールの高い靴はもう履きません。。。

おそらく、ねん挫の後のケアをちゃんとしなかったからだと思います。

その後、ヨガをはじめてから、「ねん挫のくせ」が楽になりました。

先日もちょっとした段差で挫いてしまったのですが、

痛みがすぐに和らぎ、翌日には痛みはなくなっていました。

これもヨガのおかげだと思います。

そういう訳で、ねん挫した時のヨガの練習はどうしたら良いのか、

捻挫を防ぐヨガについて、書いてみます。

.

●ねん挫した時の適切な処理

ねん挫したら、まずは安静にしましょう。

できるだけ、挫いた足は使わないようにします。

そして患部を冷やし、固定して圧迫します。

更に、心臓よりも患部を上にして、挙上します。

仰向けになり、足を椅子や壁などに向けて挙げる感じです。

私の場合は、外くるぶしの下が青くなって、内出血していたので、

びっくりして形成外科に行きました。

レントゲンを撮りましがが、骨に異常はなく、

湿布と痛み止めを処方されました。

痛みが引くまで1ヶ月位かかりました。

.

●ねん挫した時のヨガ

痛みがある時は、とにかく安静が必要なので、お休みするか、

立位のポーズは避けて、座位や仰向けのポーズを行います。

ここで無理をすると、なかなか治らなくなりますよ。

挙上することがおすすめなので、

ヨガの場合なら、肩立ちのポーズ、

肩立ちのポーズで、椅子や壁などの補助を使って行いましょう。

立位のポーズは、ある程度痛みが引いてから行う方が良いと思います。

.

そして、大事なのはここからで、

ねん挫をクセにしないためには、

痛みが引いた後、

必要な筋力と柔軟性をつける必要があります。

私はここを疎かにしたので、ねん挫を繰り返し、

足首は硬くなり、太くなり、

今でも寒い時期に違和感を感じる時があります。

.

足首のためにヨガをしていた訳ではないのですが、

ヨガをはじめてねん挫することがかなり少なくなりました。

ちょっと挫いても、すぐ回復します。

.

●柔軟性の回復

怪我をしたところは、体が守ろうと硬くなります。

ねん挫した私の右足首は、とにかく硬くなってしまいました。

左右の可動域がかなり違っています。(今も)

足関節が硬いので、挫くと痛みが出てしまうという状態です。

なので、硬くなったところを柔軟にして、

再発を防ぐ必要があります。

.

●ねん挫を防ぐために重要な筋肉

足首のまわりには複雑に繊細にたくさんの筋肉が働いています。

ねん挫を防ぐために特に重要な筋肉を3つあげると、

まずはふくらはぎ

左ー腓腹筋 右ーヒラメ筋

つま先立ちになる時に使う筋肉です。

t02200294_0480064113715186264

 

ここをストレッチするポーズとしては、

前屈のポーズ全般(足首をしっかり曲げて)、

Parsvottanasana パルスボッタナアサナ での後ろの脚。

t02200179_0299024313715189768

ダウンドックなどがあります。

二つ目は、スネの筋肉です。

前脛骨筋

t02200294_0480064113715186286

つま先をスネの方に引きつける時に使う筋肉です。

前の図、Parsvottanasana パルスボッタナアサナ での前の脚。

Purvattanasana 斜面のポーズ

t02200112_0346017613715192859

私は前脛骨筋が硬かったので、

このポーズで、つま先を床につけることが難しかったです。

他にヴィラアサナ、

トリアンガムカイカパダパスチモッタナアサナなどで

つま先をスネから離す動きです。

最後に、スネの外側、腓骨筋群です。

左ー長腓骨筋  真ん中ー短腓骨筋  右ー第3腓骨筋

t02200232_0480050613715186274

足の外反(足の小指の縁が浮き、足の内縁で立つような動き)で

使う筋肉です。

だいたい80%のねん挫は、外反の反対、

内反(足の内側・親指側が浮き、足の外縁で立つような動き)で、

グキっとやってしまい、

前距腓靭帯(くるぶしの下あたり)を損傷します。

なのでこのあたりは非常に硬くなります。

腓骨筋群は足を内反させることでストレッチします。

やり過ぎるとまたねん挫してしまう恐れがあるので、無理なく。

ヴィラバドラアサナ 戦士のポーズの後ろ足、

足の外縁をマットから離れないように、足裏を根付かせると、

ストレッチが深くなりますよ。

こんな感じで、紹介したポーズはどれも基本的なものばかり。

初心者の方でも良く行うポーズです。

このようなポーズの練習が、足首を柔軟にするのに役立ったようです。

 

●筋力の回復

ねん挫の多くは内反(足の内側が浮き、足の外縁で立つような動き)

でのねん挫です。

ねん挫後は腓骨筋群が伸ばされた状態で、

足首は非常に不安定になっています。

ねん挫を繰り返さないために、必要な筋力をつけることが大切です。

私は元々運動もせず、筋力が低下していたので、

その他の筋力もつける必要があったと思います。

.

●ねん挫を防ぐために重要な筋肉

前回紹介した3つの筋肉を強化するヨガのポーズを紹介します。

まずはふくらはぎ

左ー腓腹筋 右ーヒラメ筋

つま先立ちになる時に使う筋肉ですね。

t02200294_0480064113715186264

つま先立ちになるポーズや、

バッタのポーズ

t02200096_0305013313627375944

戦士のポーズ3 など、脚をあげるポーズ

Purvattanasana 斜面のポーズ

あとは、ヴィラバドラアサナ1と2などの前の脚、

カカトから足裏全体を床に根付かせるのは、ふくらはぎの筋肉です。

二つ目の、スネの筋肉です。

前脛骨筋

t02200294_0480064113715186286

つま先をスネの方に引きつける時に使う筋肉、

そして足の内反(足の外縁で立つような動き)の時に使います。

Utkatasana 椅子のポーズ はこの筋肉を使いますね。

t01550415_0155041513715871491

他には、戦士のポーズ1、2や三角のポーズなどの後ろ足。

後ろの足の外縁を床に根付かせる時に使います。

この動きは足の内反です。

もし足の外縁が床から浮いてしまう場合は、

この筋肉が弱い可能性があります。

最後に、スネの外側、腓骨筋群です。

左ー長腓骨筋  真ん中ー短腓骨筋  右ー第3腓骨筋

t02200232_0480050613715186274

足の外反(足の小指の縁が浮き、足の内縁で立つような動き)で

使う筋肉です。

t02200257_0333038913715876448

この三角のポーズやヴィラバドラアサナ 戦士のポーズの前の足、

足の裏全体、特に拇指球を床に根付かせる時に使っています。

他に、木のポーズなどの立位のバランスのポーズは、

どの筋肉も強化しますよ。

.

足首のねん挫予防になるポーズをいくつかご紹介しました。

「このポーズが、足首の強化に役立ってるんだ!」と

参考になれば幸いです。..

IMG_3924
 
Emi

 

2019/06/19

「ダウンドック」のコツ ヨガインストラクター Emi

ヨガインストラクターの Emi です。こんにちは。

emi-3

 

今回はポーズのちょっとしたコツについて。

この写真、adho mukha svanasana(下向きの犬のポーズ)

いわゆる「ダウンドック」です。

o0269018013649901491

ヨガを始めたばかりのとき、このポーズが辛くて辛くて、大変でした。

ヨガ初心者の方とお話していると、かつての私と同じように、

「ダウンドック、つらいです。全然お休みに思えません。」

という方も多いです。

(フローのクラスでは、このポーズでお休みというか、

ひと呼吸置いたりしますし、何度も繰り返します。)

 

●ダウンドックのときの「手」

上記の写真のように、両手はしっかり指をひらいて、

手のひらから指先までをマットにつけます。

この「指を全開にひらく」ことが、はじめは結構大変です。

日常では、手を握ったり、物を掴むことはよくしますが、

手をひらくことはあまりないかもしれません。

更に、自分の体の重さも支えます。

慣れていない時は、体の重さの支え方がまだ不安定なので、

腕や手ですべての重さを支えようとしてしまいます。

最初は指がなかなか開かないと思いますが、

注意して指をひらくように、繰り返し練習すると、

手の筋肉の柔軟性や強さがついてきますので、

無理なくできるようになりますよ。

 

●参考までに 骨格をみる

こちらの写真を見て頂きたいのですが、

t02200146_0640042613649921398

5本の指の骨って、指の股から分かれているのではなく、

手首や手のひらの方から開いているので、

手首から大きく指をひらくように意識してみるとわかりやすいと思います。

 

●ダウンドックの時の「手首」

ヨガ初心者の方でよく見かけるのが、

指先を内側に入れて、手首を内転させていることです。

おそらく、体が支えられず、手がマットの上を滑るので、

手首を内転しているのかと思うのですが、

この状態で体を支えると手首の負担になります。

更に、ヒジや肩の関節の位置も適切なところではなくなってしまい、

ヒジや肩にも負担になりやすいです。

基本は、両手の中指が平行か、少し外側になるように、

手のひらから指先までマットに置きます。

手首が内転していると、手首のシワが深くなるので、

そこもチェックしてみて下さいね。

ちなみに、腕でバランスを取るポーズも、

この指をひらいてこのように手を置くのが基本です。

 

●ダウンドックの時の「肩」

t02200130_0457027113642865236

この図の通り、

腕 ー 肩(脇の下) ー 体側 が、ほぼまっすぐ並ぶ位置

になるのが適切な位置です。

脇の下周辺の筋肉が硬い方は、まっすぐ伸びずに、

肩関節で折れるような形になってしまいます。

このようになってしまう方は、

立って腕を前から上げた時に、腕が耳の横まで上がらず、

腕が斜めになっていると思います。

脇の下周辺の筋肉(棘下筋、小円筋、大円筋、広背筋など)が、

柔軟になれば、腕 ー 肩(脇の下) ー 体側 が

まっすぐに並ぶようになります。

数回の練習で、すぐに筋肉が柔らかくなることは難しいです。

このポーズ以外にも、ヨガでは肩周辺の筋肉を柔軟にする動きを

たくさんしますから、続けていくと、

「脇の下が伸びて気持ちがいい」と感じるようになりますよ。

手のひらでマットをしっかり押さえて、

尾骨を斜め上に持ち上げて伸ばす感じで、

脇の下を少しずつ伸ばしてみて下さい。

 

●気をつけること

肩関節がかたいと、肩の筋力が使いずらく、

他の筋肉でカバーしようとして、余分に力んでしまいがちです。

肩が耳に近づいて、ぎゅっと肩が縮こまったりしやすいので、

肩と耳を離すように気をつけます。

腕や肩が疲れたら、膝をついてお休みします。

また、膝をついて、上半身だけダウンドックにする、

やさしい形に変えて行っても良いと思います。

 

●肩こりの解消にも

肩が凝っている時は、脇の下がガチガチにかたくなっています。

脇の下が柔らかく解れると、肩こりも解消しますよ。

IMG_3924
 
 

Emi

 

2019/05/23

Q&A『下肢静脈瘤ですが』 ヨガインストラクター Emi

ヨガインストラクターの Emi です。こんにちは。

emi-3

 

♦Q&A『下肢静脈瘤ですが、ヨガはできますか?』

「ヨガをやってみたいな」と思っても、

自分の体で気になることがあれば、躊躇してしまいますよね。

その気になることが少しでも解消できればと、

過去に頂いた質問を思い出しました。

『下肢静脈瘤ですが、ヨガはできますか?』

医師の診断を受けて、あなたの状態で、ヨガを含む運動を行ってもよいか、確認してみて下さい。

運動が大丈夫でしたら、ほとんどのヨガの動きは問題ないと思います。

 

●下肢静脈瘤とは

脚の静脈に血液が溜り、膨れてコブのようになる、

またはコブ状にならなくても、血管が浮き出る状態になります。

脚がだるい、重い、むくむ、つる、

更に皮膚がかゆい、血色がよくない、湿疹、皮膚炎

などの症状になります。

 

●原因は

血液が、脚から心臓へと静脈を通って流れています。

その血流が逆流しないように、静脈には弁があります。

その弁が正しく機能しなくなり、血液が心臓に戻りにくくなります。

静脈に溜った血液が溜ってしまうのです。

立ち仕事、デスクワーク等、長時間脚を動かさない姿勢でいること

妊娠・出産

加齢

が主な原因です。

 

●改善するには

一度なってしまうと、自然に治ることはないようですが、

症状を改善したり、悪化を防ぐことはできます。

参考までに、ある生徒さんのお話では、

適度な運動(特にふくらはぎの筋力をつけること)、

弾性ストッキングを着用すること、

を医師に勧められていました。

それで悪化した場合は、手術になるそうです。

(気になる方は、きちんと医師の診断を受けて下さいね。)

 

●ヨガでできること

静脈に血液が溜ってしまうことが原因なので、

下半身の血流を良くすることが大切です。

ヨガでの呼吸法

下肢の筋力を必要とする動きやポーズ

下肢の筋肉をストレッチする動きやポーズ

逆転のポーズ(逆さまになることで、血流を良くします)

【例えば、Sarvangasana (肩立ちのポーズ、元の意味は全身のポーズ)

t01760359_0176035913633451535

ここまで脚をあげなくても、半分でも十分です。

または壁に向かって脚を上げるだけでも。】

などが良いと思います。

太陽礼拝も全身の血流を良くするのでおすすめです。

他におすすめのポーズは、

Virasana ヴィラアサナ

膝を折って、両カカトの間にヒップを下ろして座ります。

Supta Virasana スプッタ ヴィラアサナ

上のヴィラアサナから仰向けで横になります。

Bhekasana ベカアサナ

t02090116_0209011613647922525

弓のポーズの様に仰向けで、カカトをヒップの外側から床へ近づける。

(肩の説明は省略します)

こちらの3つのポーズは、太ももの前側、膝、スネ、足首、足の甲、つま先までを伸ばします。

先の生徒さんは、弾性ストッキングを着用して日常生活を送っていらっしゃいます。

ヨガも全く問題なく行っています。

静脈瘤の手術をして、ヨガをしている方もいらっしゃいます。

ヨガで少しでも辛い症状が楽になるといいですね。

IMG_3924
 
 

Emi

2019/05/16

Q&A『ヨガの練習中に、足がつります』ヨガインストラクター Emi

ヨガインストラクターの Emi です。こんにちは。

emi-3

 

♦Q&A『ヨガの練習中に、足がつります』

『足がつる』
詳しい「予防法・根本改善法」こちら
図解「足や腹筋がつる」原因と改善法

 

久しぶりにクラスにいらっしゃった方が、

「クラスの後に、途中で足がつっちゃった~。最近は足がつることなかったのに。

何でつっちゃうの?やっぱり、ブランク空いたから?」

と仰っておました。

ふくらはぎがつってしまったようです。いわゆる、こむら返り。

そうですね、お休みしてる間に、筋力が落ちてしまったかもしれませんね。

足がつった時のあの痛み、私も経験ありますが、大変辛いです。

筋肉がぎゅーっと収縮していくのが自分でわかるのですが、どうにもできないあの感覚。

●なぜ足がつるの?

原因はまたハッキリと解明されていないようですが、一般的に主な原因としてあげられているのが、

筋肉の使い過ぎ 筋肉の疲労

脱水状態で血液循環が悪くなり、ミネラルバランスが崩れること

です。

ヨガ中に足がつるのは、筋肉の使い過ぎがほとんどです。

●足がつったら 対処法

ヨガ中に足がつったら、まずは動かず休みます。

というか、痛くて動けないはずです。

痛みが引いたら、収縮して痛くなった筋肉をゆっくり伸ばします。

ふくらはぎなら、足首を曲げて、つま先を自分の膝の方に向けて、深く呼吸をします。

しばらくすると痛みが緩和されます。

その後のヨガの練習は、まだ違和感が残っていればお休みして、大丈夫であれば、無理をせずに行ってください。

●足がつることが多い方は

足がつってしまうことが、度々ある方は、

自分の練習を振り返って、

自分の筋肉の限界を超えて力を出そうとしていないか?

を見直してみて下さい。

頑張って思いっきりやろうとして、一気に力をかけてポーズに入ると、自分の筋肉の限界を超えてしまい、つってしまいます。

呼吸をしながら、少しずつ動きを深くしていきましょう。

足がつったポーズ以外の動きも、一気に深く行こうとしていないか、気をつけて練習してみると、気づくことがあるあもしれませんよ。

●あるポーズで、ある動きをすると足がつる場合

このポーズをするとつりやすい、というのがわかる場合、

アライメント(足を置く位置や角度などの適切な位置、わかりやすくいうと、フォーム)が違っていないか

を見直してみると良いと思います。

アライメントがあっていない時、適切な体の位置でないため、

他の部分を無理に使って負荷がかかりすぎてつってしまうこともあります。

アライメントが適切かどうか、自分では分かりにくいので、インストラクターに見てもらうと良いと思います。

おまけに、私が見ている中で、脚をつりやすいポーズだと思うのは、こちらです。

サラバーサナ バッタのポーズ

t02200096_0305013313627375944

 

一気に脚を上げようとして、つってしまうことが多いです。

様子を見ながら、ゆっくりポーズに入ります。

あとは、アライメント。
つま先が内側に向いた形では、適切に筋肉が使えずに、足がつります。

つま先はまっすぐにして、鼠蹊部から脚全体を伸ばしながら、脚を上げるようにすると安全にできますよ。

IMG_3272

『足がつる』
詳しい「予防法・根本改善法」こちら
図解「足や腹筋がつる」原因と改善法

 

 

 

Emi

2016/12/24

アパーナーサナの効果  ヨガインストラクター Emi

ヨガインストラクターの Emi です。

こんにちは。

emi-3

.

ある生徒さんが、

 

「テレビの健康番組を見ていると、

 

ヨガでやっているポーズがよく出てくる!」

 

と仰っていました。

 

そうなんですよね、私もそう思います。

 

このポーズも、よく紹介されていますね。

 

 

例えば、腰痛、肩こり、膝痛などの、

 

予防や改善のためのストレッチや体操として紹介されているものが、

 

何気なくヨガのクラスでやっていることだったりします。

 

私も、

 

「なるほど、ヨガではこうするけど、ここは違う」

 

「この動きで、この筋肉を使ったりストレッチすると効果的」

 

など思いながら見ています。

 

 

私のクラスでは、

 

「このポーズは、腰痛にいいですよ」

 

というようなインストラクションはあまり入れないので、

 

生徒さんはご存じなかったかもしれません。

 

 

このような健康番組を見て思うのは、

 

ヨガのクラスでは体を全体的にケアしている

 

ということです。

 

 

腰痛、肩こり、膝痛は多くの方がお悩みですが、

 

ヨガのクラスでは、呼吸と体に集中して、

 

マインドを落ちつかせてリラックスすると同時に、

 

腰痛、肩こり、膝痛の予防や改善まで行っているんですね。

 

 

 

このポーズもテレビの健康番組でやっていたという情報を頂きました。

 

アパーナーサナ

 

 

NHKのあの番組で、腰痛対策として紹介されていたそうです。

 

気になったので、ネットで調べてみました。

 

→ 「ガッテン!」

 

(「4つの最強ストレッチ」、

 

どれもヨガのポーズでほぼ同じことをしていますね。)

 

 

●アパーナーサナ

 

アパーナ、という、下向きのエネルギー、

 

体の働きで言うと、

 

排除する・排出して不純物を出す

 

という力が働くポーズです。

 

 

●アパーナーサナの効果

 

・排泄の機能を高める

 

上記のアパーナサナの説明の通り、

 

解毒作用があります。

 

太ももがお腹にあたり、

 

内臓が刺激されるのを感じられますよね。

 

(ガス抜きのポーズ、とも言われることもあります)

 

・腰痛の予防

 

テレビで紹介されていた通りです。

 

ずっと立ちっぱなしだったり、同じ姿勢でいると、

 

腰がだるくなることがあるのですが、

 

そんな時にこのポーズを行うと、

 

腰が伸ばされて気持ちがいいんですよ。

 

腰痛の方は、腰の筋肉が硬くなっていることが多々あるので、

 

このポーズは腰のハリや緊張を取るのに効果的です。

 

 

お家で簡単にできるポーズですから、

 

ちょっと腰が張っているな、というとき、

 

排泄の機能を高めたいとき、

 

ぜひやってみて下さい。

 

IMG_3924

.

Emi

2016/12/23

言葉の意味を正しく知ることで、ものの見方が変わる  ヨガインストラクター Emi

ヨガインストラクターの Emi です。

こんにちは。

emi-3

.

ヨガの実践者にはよく知られている、

 

パタンジャリの「ヨーガ・スートラ」。

 

ヨガのティーチャートレーニングでも必須科目的な感じです。

 

 

先日、ヴェーダーンタの先生から、

 

「ヨーガ・スートラ」のお話を聞く機会を頂きました。

 

 

今回も思ったのは、

 

ある言葉の意味を、自分の偏った考えや見方で捉えているので、

 

物事を間違って見てしまい、

 

それが問題だと思ってしまうことがあります。

 

自分の考え方や見方って、無自覚ですしね。

 

間違った見方あら、より真実に近い、客観的な見方に変えていくのが、

 

ヨーガの目的だということです。

 

 

●「止滅」という言葉

 

「ヨーガ・スートラ」の第一章の2番

 

YOGAS CITTA VRTTI NIRODHAHA

 

ヨーガは心の作用を止滅すること

 

というように訳されています。

 

 

「止滅」、というと、

 

止める、滅する、ですから、

 

心が止まって、消滅する、無くなる、

 

そのような意味かと思っていました。

 

しかし正直、これがどういうことなのか、わかっていませんでした。

 

考えが止まって、無になるような感じなのかな、と。

 

 

今回、お話を聞いてなるほどと思ったのですが、

 

止滅はサンスクリット語の「二ローダ」から訳されているのですが、

 

「二ローダ」は、問題を回避する、という意味があります。

 

ここでは、

 

望ましくないものから避ける、

 

問題を取り除く、気づいている、

 

より客観的に物事を見る、

 

ということなのだそうです。

 

 

ヴェーダーンタでの説明ならば、

 

アンタッカラナ・シュッディ

 

マインド(内側の道具)を綺麗にすることです。

 

 

私が止滅という言葉につけていた、勝手な意味の解釈のように、

 

間違った見方、偏った見方、主観的すぎる見方を取り除いて、

 

より真実に近い見方になること、それがヨーガの目的です。

 

 

より客観的に物事を見るようになったら、

 

自分が「問題」だと思っていたことや悩みは、

 

問題や悩みじゃなくなるんですよね。

 

 

 

私たちは、生まれてから、

 

たくさんの言葉を学び、身につけましたが、

 

意味を曖昧にしているものや、間違って身につけたものって、

 

結構あるんじゃないかと思います。

 

今回の私のように、言葉の意味を訂正していくのも、

 

見方を変えることにつながるんですよ。

 

言葉を使って、私たちは考えて、理解しますからね。

 

 

 

 

「ヨーガ・スートラ」は学ぶ機会が結構あったのですが、

 

ヴェーダーンタでは、「ヨーガ・スートラ」はほとんど出てきません。

 

ヴェーダーンタを学んでいく中で、

 

「ヨーガ・スートラ」で書いてあったことと、

 

どのように関連があるのか、どういう位置づけなのか、

 

ずっと疑問に思っていたので、とても良い機会を頂きました。

 

ありがとうございました。

 

IMG_3924

Emi

ページトップへ