fbpx

2019/09/22

図解「足や腹筋がつる」原因と改善法

スマイルボディ代表の 松尾 です。

0054_xlarge

 

「図解 原因と改善法」 は、
症状別に

  • なぜ なるのか
  • どうしたら 改善するのか

をお伝えするシリーズです。
(20症状を予定しています)

今回は足や腹筋がつるです。

 

「足や腹筋がつる」とは、足や腹筋に急激に強い痛みが走ると同時に、自分の意志とは無関係にその筋肉が収縮したり痙攣(けいれん)したりする症状を、言います。

人によっては、しびれを感じることもあります。
筋肉は硬直して動かしづらく、立ったり歩いたりといった単純な動作も困難になります。

あまりの痛さに軽いパニックを起こすことがありますが、こうした痛みや痙攣はそれほど長くは続かず安静にしていれば治るケースが多いです。

しかし、何度も同じように繰り返したり、重症になると肉離れを起こして、数ヵ月以上にわたって運動ができなくなったりということもあります。

一番多い場所は「ふくらはぎ」で「こむら返り」といいます。「こむら」はふくらはぎを指します。

また足や腹筋だけでなく、手・首・背中などにも起こることもあります。

 

今回は、なぜ「つる」のか、どうしたら改善するのかを、ご説明します。

 

「足や腹筋がつる」原因

「つる」とは「筋肉が過緊張により収縮・痙攣(けいれん)する」ことです。

これは、体内のミネラル(カルシウム・カリウム・ナトリウムなど)のバランスが崩れるからと言われています。

筋肉は、とても細い繊維の束で出来ていますが、

筋肉の繊維と繊維の間に沁みわたっている血液は、

「水分不足」であったり「老廃物が滞留」してしまうと

サラサラな状態からゼリー状になります

 

ミネラルの中で特にカルシウムは、筋肉を動かすために必要不可欠な物質です。

脳から筋肉を動かす指令が出ると、筋肉内のカルシウムの収納場所からカルシウムが分泌されることで筋肉が収縮し、収納場所に戻ることにより筋肉は元に戻ります。

身体を動かすということは、体中のいたるところで、それが繰り返されているのです。

ところが、筋肉内の血液がゼリー状になっていると、収納場所から分泌されたカルシウムは収納場所に戻れなくなり溜まってしまいます。

これが、ミネラル(カルシウム・カリウム・ナトリウム)のバランスが崩れという状況です。

そこの筋肉は収縮したままの緊張状態になります。

 

筋肉の中で「血液がゼリー状」になり「ミネラルのバランスが崩れた状態」で、

更に「血流不足」と「脱水状況」が増していき限界を超えると、

筋肉が過緊張になり収縮・痙攣(けいれん)する「つる」現象が起こるのです。

.

運動中や就寝中に「つる」理由

 

運動中

運動中は、筋肉の動きが平常時よりも多く行われ、汗により水分も出て行きます。

その状況で、筋肉への新しい血液の供給が追い付かなかったり、水分補給が追い付かないと、代謝による老廃物が筋肉内に溜まり、血液がゼリー状になっていきます。

この血流不足と脱水状況が増していき限界を超えると、筋肉が過緊張により収縮・痙攣(けいれん)する「つる」現象が起こります。

 

就寝中

寝ている時に、筋肉を動かさない状態で、なおかつ血行が良くない場合にも、老廃物などが静脈へ排出され辛くなります。

また、就寝中は思ったより汗をかくので、体内が水分不足になりやすくなります。

これにより、凝っていたり冷えている筋肉から、血液がゼリー状になっていきます。

この凝ったり冷えたりしている筋肉に、更に血流不足と脱水状況が増していき限界を超えると、筋肉が過緊張になり収縮・痙攣(けいれん)する「つる」現象が起こります。

 

応急対処法

 

ふくらはぎ

ふくらはぎの筋肉が、過緊張により収縮・痙攣(けいれん)しているのですから、収縮している筋肉を逆側に伸ばすと良いです。

具体的には、まずは安静にして、収縮が治まるのを待ちます。

治まったら少しずつ動きますが、収縮した筋肉を「つま先を体側に引っ張る」ことで反対側に伸ばす動きをします。

深い呼吸をして、リラックスするのも大事です。

 

腹筋

腹筋(腹直筋・腹斜筋)が、過緊張により収縮・痙攣(けいれん)しているのですから、収縮している筋肉を逆側に伸ばすと良いです。

具体的には、まずは安静にして、収縮が治まるのを待ちます。

治まったら少しずつ動きますが、前屈でつった場合は、お腹を伸ばして、軽く後屈、または体側を伸ばす、などを行うと、硬くなった筋肉が解れてきます。

深い呼吸をして、リラックスするのも大事です。

落ち着いて対処すれば大丈夫です。

 

自分で行える予防法

「つる」ことの予防法は、次の4つです。

  • 緊張状態の「つる筋肉」を緩める
  • 「つる筋肉」の血行を良くする
  • 水分とミネラルを補給する
  • サラサラ血になる食事を摂る

 

ふくらはぎ

ストレッチ

緊張状態の「つる筋肉」を緩めるためには、次のようなストレッチを行うと良いです。

やるタイミングは、就寝中になるなら「寝る前」、運動中になるなら「運動前・運動の合間」です。

 

入浴

毎日しっかり入浴し、ふくらはぎを温かい状態に保ち、つる筋肉の血行が良くなるように努めましょう。

 

レッグウォーマー

冷え対策として、靴下を履く方もいますが締め付けの強いものだとかえって血行を悪くしてしまいます。

ふんわりと包み込んでくれるレッグウォーマーは血流を確保しつつふくらはぎを冷えから守ります。

 

就寝前のスポーツドリンク

睡眠中も思いのほか発汗します。

就寝前にスポーツドリンクなどを飲んで水分と栄養分を補給しましょう。

昆布茶もミネラル分を多く含んでいるのでお勧めです。

 

血液サラサラになる食事

 

①「オメガ3」系脂肪酸を多く含んだ食事

「オメガ3」には、血液をサラサラにする効果があります。

【多く含まれている食材】 
アジ、イワシ、サバ、マグロ、ハマチ、サンマ、エゴマ油、ナッツ類 など

DHA・EPA サプリメント

 

②「酵素」を含んだ食事

「酵素」は、代謝と解毒に必要な栄養素で、体を温め、ストレス・食べ過ぎから体を守ります。

【多く含まれている食材】 

生野菜、くだもの、刺身など 加熱していない食材、発酵食品 など

酵素サプリメント

 

 

腹筋

ストレッチ

緊張状態の「つる筋肉」を緩めるためには、次のようなストレッチを行うと良いです。

やるタイミングは、腹筋がつるのが運動中なら「運動前・運動の合間」です。

 

入浴

毎日しっかり入浴し、腹筋を温かい状態に保ち、つる筋肉の血行が良くなるように努めましょう。

 

腹巻

腹筋がつる人に「腰痛・背中痛」の人が多いです。

理由は後述しますが、腹筋と腰を同時に保温できるので、冷え対策として効果的です。

 

就寝前のスポーツドリンク

睡眠中も思いのほか発汗します。

就寝前にスポーツドリンクなどを飲んで水分と栄養分を補給しましょう。

昆布茶もミネラル分を多く含んでいるのでお勧めです。

 

血液サラサラになる食事

 

①「オメガ3」系脂肪酸を多く含んだ食事

「オメガ3」には、血液をサラサラにする効果があります。

【多く含まれている食材】 
アジ、イワシ、サバ、マグロ、ハマチ、サンマ、エゴマ油、ナッツ類 など

DHA・EPA サプリメント

 

②「酵素」を含んだ食事

「酵素」は、代謝と解毒に必要な栄養素で、体を温め、ストレス・食べ過ぎから体を守ります。

【多く含まれている食材】 

生野菜、くだもの、刺身など 加熱していない食材、発酵食品 など

酵素サプリメント

 

 

整体による根本改善法

 

スマイルボディでは、次のような考え方で施術を行っています。

 

ふくらはぎ

 

「ふくらはぎ」への施術

まずは、もちろん「腓腹筋」を中心に、ふくらはぎの筋肉を丹念にほぐしていきます。

 

「根本原因」への施術

ふくらはぎの筋肉に指令を送る神経(支配神経)は、背骨の腰の部分(L3~S2)から出て、ふくらはぎに達しています。

ふくらはぎへの施術で改善が見られない場合、背骨の腰の部分(L3~S2)付近の筋肉の緊張により神経を圧迫し指令(シナプス)が正常に通らないことで、ふくらはぎ周辺の筋肉に血行不良をもたらしていることが考えられます。

そこで、腰部の施術を行います。

 

腹筋

 

「腹筋」への施術

まずは、もちろん「腹直筋・腹斜筋」なとの腹筋を、丹念にほぐしていきます。

 

「根本原因」への施術

腹筋に指令を送る神経(支配神経)は、背骨の背中の部分(T5-T12)から出て、腹筋に達しています。

腹筋への施術で改善が見られない場合、背骨の背中の部分(T5-T12)付近の筋肉の緊張により神経を圧迫し指令(シナプス)が正常に通らないことで、腹筋に血行不良をもたらしていることが考えられます。

そこで、背部の施術を行います。

 

「つる」ことの予防法は、次の4つ

  • 緊張状態の「つる筋肉」を緩める
  • 「つる筋肉」の血行を良くする
  • 水分とミネラルを補給する
  • サラサラ血になる食事を摂る

ですので、

整体施術で1番目の「緊張状態の「つる筋肉」を緩め」たのち、

施術後に「残りの3つ」をアドバイスしています。

 


 

以上で、「足や腹筋がつる」は終了です。

次回もお楽しみに。

 

図解 原因と改善法シリーズ

  1. 肩こり
  2. 腰 痛
  3. 首こり
  4. 頭 痛
  5. 花粉症
  6. ぎっくり腰
  7. 四十肩・五十肩
  8. 顎(がく)関節症
  9. 足の冷え性
  10. ひざ痛
  11. 股関節痛
  12. 足のむくみ
  13. 足や腹筋がつる

 

スマイルボディ
代表 松尾さとし

 

 

ご予約はこちら

C01_bnr2ヶ月先~6時間前 までご予約できます

 

2014/11/24

K・Tさん 膠原病による疲労蓄積や不調が改善されました

スマイルボディの松尾です。

3ヶ月前に初めてお見えになったK・Tさん 。

膠原病(SLE)の治療のため長年ステロイドなどを服用中。
「疲労が蓄積していて、首こり、肩こり、冷え・むくみなども辛い 」とのこと。

20130131120502_5109df5e31987

ご自宅が当サロンまで遠く、片道2時間かけて来ていただきました。

最初の施術では、ゆらぎリリース整体 により各経絡を特にやさしく丁寧に刺激したところ、お体が良い方向に反応して下さり、体内に溜まっていた余分な水分が排出され、施術途中・施術後に計4回トイレに行かれ、お帰りになる時には生き返ったようなお顔になられていました。

その後、往復4時間かけて、最初の2ヶ月は2週に1回、3ヶ月目からは3週に1回通っていただき、施術させていただきました。

また、継続できるセルフケアメニューを毎月アドバイスしました。

333

K・Tさんは、毎日ご自宅でセルフケアメニューをしっかり実践され、3ヶ月後には当時と見違えるほど 元気&スリム美人 になりました。

8711e198

もうほとんど当時の疲労感を感じないご状況とのことでしたので、次回は間隔を置いて来て頂きます。

良かったです。

 

KTさん ご改善写真

 

 → 他のお客さまのご改善例

2014/11/10

M・Sさん ほぼ全快で「産後整体」ご卒業

スマイルボディの松尾です。

3ヶ月前に初めてお見えになったM・Sさん。
産後3ヶ月の30歳代前半の方。
土曜日にご主人にお子様を預けて来店されました。

首こり・肩こりが酷く、右肩は上がりません。
ひざ痛とむくみも辛いとのこと。
右側の背中から腰・股関節・太もも・足首まで痛い状態でした。

20130131120502_5109df5e31987

最初の施術後、約3ヶ月間しっかり通っていただき、骨盤矯正を行い、不調改善と妊娠前の体型に戻す「産後整体」をお勧めしました。

M・Sさんはご主人と相談され、土曜日にお子様をご主人に見てもらい「産後整体」を受けることを決めてくださいました。

以後、最初の2カ月は毎週、3ヶ月目からは隔週で通っていただき、ゆらぎリリース整体 を施術しました。
また、継続できるセルフケアメニューを月2回の頻度でアドバイスしました。

444

M・Sさんは頑張り屋さんで、毎日ご自宅で実践され、MSさんのご主人もよくご協力くださり、3ヶ月後には当時の状況からは見違えるようになりました。

8711e198

もうほとんど辛さを感じないご状況とのことでしたので、次回は1ヵ月半後に来て頂くこととなりました。

良かったです。

 

 

 

産後整体MSさん

.

M・Sさまよりいただいたメッセージをご紹介させていただきます。

産後に身体が回復しない所に子育てが始まり

体がボロボロだった時にこちらに通わせて頂く事になりました。

最初にじっくりと全身を診て悪い所を重点的に施術して頂き通う毎に身体が楽になって行きました。
またその人に応じた日常生活で自分で出来るストレッチを教えて頂けます。
ここに通う時は唯一身体を休める時で

毎回爆睡してしまうほどリラックスさせてもらえます。

先生もほんとに優しく話しやすいです。
産後の方にもすごくオススメな素敵なサロンです。

 

東急スクエアを歩いていると、お子様をベビカーに乗せてお買い物中のM・Sさんにバッタリお会いしました。
ますます、キラキラの健康美人さんになっていらっしゃいました。

444

 

 → 他のお客さまのご改善例

 

2014/03/10

肩こりにおすすめの足つぼ*青葉台 整体&ヨガサロン スマイルボディ

こんにちは*青葉台 整体&ヨガサロン スマイルボディのゆりえです。

 

レッスンでは、各ストレッチやポーズの合間に、足うらのツボ押しを行うことがあります*

足うらについては以前の記事(足うらをケアしましょう)に大切さを書かせていただきましたが

きょうは、肩こりにおすすめの足つぼをご紹介します*

 

616-Foot-Exam-Modified-MF

 

~~~~~~

 

下のイラストの各3か所をつぼ押しすることで、肩まわりの血行が促され

肩こり解消に役立ちます。

 

肩こり

 

◎●僧帽筋のつぼ(ピンク)●◎

足の第二指~第四指の付け根の下にあります。

僧帽筋とは・・・肩こりと深い関係にある筋肉。下のイラストのピンクの部位です。重たい頭の角度を保つとともに、左右あわせて約10キロの腕を支えるなど、日常生活で酷使されやすい筋肉です。

背中筋肉

 

◎●首のつぼ(黄色)●◎

足の親指の真下付近にあります。

 

◎●肩のつぼ(紫)●◎

足の小指の下付近にあります。

 

~~~~~~

 

足湯やお風呂上りなど、体が温まっている時に行うのがおすすめです。

0089_large

肩こりが気になる時に、ぜひやってみてくださいね*

 

 

~~~~

スマイルボディでは、6月末までのレッスンスケジュールをUPしました。

Emi先生の土曜日のレッスンが月に2回に増えました。

第2・第4 土曜日です。

IMG_4092IMG_4358

平日がお仕事の会社員の方や、土日にご主人さまにお子様を預けてレッスンに参加されたい方より

ご予約が入っています*4人までのレッスンですのでお早めに*

 

ご覧いただきありがとうございました。

きょうも良い一日でありますように!

 

~~*整体&ヨガサロン スマイルボディ*~~

 

2014/01/27

足うらをケアしましょう* 青葉台 整体&ヨガサロン スマイルボディ

こんにちは* 青葉台 整体&ヨガサロン スマイルボディのゆりえです。

きょうも明るいお天気ですね。

 

きょうは足裏についてのお話しです。

よく足つぼマッサージやリフレクソロジーというものがあるかと思います。

 

どうして足のケアが大切なのでしょうか?

o0153023112680766668

 

かんたんに説明させていただきますと・・・

 

日々からだに発生する老廃物は、

健康な人だと血液循環に乗ってスムーズに排出されていきますが

血行不良な状態だと、

からだのあらゆるところにたまって、コリや痛みの原因となります。

 

そんな老廃物は、血液よりも重たいため、

重力によって足に溜まってしまいます。

 

最近ではサロンのお客さまに

「足がつめたくて靴下を二重に履いている。」

「血行は良いと思うんだけど、足だけは冷たい。」

といったお話を伺いました。

 

おそらく足に、長年の積み重ねで老廃物が蓄積してしまっているのかもしれません。

 

 

また足裏には、このイラストのように全体的にさまざまなツボがあり、

全身の内臓とつながっています。

ashi03

 

 

足裏をケアしてあげることで、老廃物を流して足先からポカポカ

そして五臓六腑の健康をとりもどすことができるのです。

 

骨盤矯正&美脚ストレッチやルーシーダットンのレッスンでは

足先や足裏・足の甲などをほぐすメソッドを取り入れています。

 

お客さまのお悩みに対応するツボをお伝えさせていただきますので

お気軽にご相談くださいね*

 

 

~~*整体&ヨガサロン スマイルボディ*~~

 

 

2013/10/22

【図解】イス1つで簡単にできる「腰痛さよならストレッチ」

スマイルボディ代表の 松尾 です。

0190_large

 

腰痛改善のストレッチ、痛い、難しい、準備が面倒 などの理由で、続けられない人も多いのではないでしょうか。

まずは、イス1つで出来る「痛くない、やり方が簡単、準備が面倒でない」ストレッチを、4つご紹介します。

 

①  ふくらはぎ のストレッチ

腰痛に「ふくらはぎ」のストレッチ。

関係なさそうですが、実は腰と関係しています。

ふくらはぎは、立っている時に筋肉の中で最もがんばって体を支えています。

そのふくらはぎが疲労して上手く働かなくなると周りの筋肉が代わりに働こうとします。

こうして、太もも・骨盤・腰の筋肉が緊張を強いられ、腰痛を起こす原因の1つとなるのです。

ふくらはぎと腰は膀胱経という経絡(けいらく(気のルート))でつながっています。

腰痛さよならストレッチの最初は、腰から離れているので痛みの恐怖感が少ないこの部分を緩めていきます。

 また、第2の心臓と言われるふくらはぎに新鮮な血液が入り、血行不良による冷え・むくみも改善されます。

ふくらはぎ

【やり方】

最初は10秒間姿勢を維持し、左右それぞれ1回伸ばします。

慣れたら、20~30 秒間姿勢を維持し、左右1~3 回行います。

 

太ももの裏(ハムストリング)のストレッチ

ハムストリングは、骨盤とひざをつないでいる太ももの裏にある筋肉です。

この部分が運動不足や疲労などで血行不足になると収縮して骨盤が後に引っ張られます。

骨盤が後に引っ張られると腰から背中にかけての筋肉が引き伸ばされた状態になってしまい、それが腰痛に繋がります。

2つ目のストレッチは、片足をイスの上に乗せ、収縮したハムストリングを緩めていきます。

ハム

【やり方】

最初は10秒間姿勢を維持し、左右それぞれ1回伸ばします。

慣れたら、20~30 秒間姿勢を維持し、左右1~3 回行います。

 

 

③ 太もものつけ根(腸腰筋)のストレッチ

腸腰筋は、腰骨や骨盤と大もものつけ根近くの骨をつないでいる筋肉です。

腸腰筋

この部分が運動不足や疲労などで血行不足になると、収縮して腰骨や骨盤が引っ張られ、腰痛に繋がります。

体の深い場所にあるためマッサージなど外からのアプローチが困難なので、このストレッチが有効です。

腸腰筋

【やり方】

最初は10秒間姿勢を維持し、左右それぞれ1回伸ばします。

慣れたら、20~30 秒間姿勢を維持し、左右1~3 回行います。

 

④ 姿勢矯正のストレッチ

猫背になり頭が前に出てしまうと、腰に大きな負担がかかります。

4つ目のストレッチは、腰に良い姿勢である「背筋を伸ばし腰の上にくぼみを作る(腰椎前彎)」を体に覚えてもらうストレッチです。

① いっぱいまで伸び上がる

② 腰の上にくぼみを作る

の2つを出来るだけ意識して、やってみてください。

姿勢

【やり方】

背中の力を抜いた猫背の姿勢を10秒間、腰の上にくぼみ(腰椎前彎)を作った正しい姿勢を10秒間、これを交互に10回繰り返します。

 

スマイルボディ
代表 松尾さとし

 

ご予約はこちら

C01_bnr2ヶ月先~6時間前 までご予約できます

 

首や肩の辛さ改善 産前 産後のケア
整体&ヨガサロン【スマイルボディ】
横浜市青葉区青葉台2-3-1
ベルライト青葉台205号

2013/09/19

ふくらはぎは健康のバロメーター♪ ふくらはぎが伝える体の不調

おはようございます。

きょうは、まさに秋晴れ晴れ

とっても良いお天気ですね。

私はさいきんランニングをはじめたのですが、今日も3キロ走ってきました。

空気がひんやり爽やかで、気持ちよかったです。

さて、きょうは「ふくらはぎ」のお話です。

ふくらはぎは、「第二の心臓」と呼ばれるほど、私たちの体の血液循環に役立っている筋肉です。

(くわしくは、健康のためには、とにかく「血行を良く」!ふくらはぎがカギ♪  の記事でもご紹介させていただいています。)

その「ふくらはぎ」。

じつは、ふくらはぎを触れば、その人の体の不調がある程度分かってしまうのです流れ星

o0153023112680766668

健康な人のふくらはぎは、

弾力がありながら、おもちのようにやわらかほんのりと温かいです。

ぜひ

いま、ご自身のふくらはぎを触ってみてください。

弾力がなく、ふにゃふにゃ

逆に、硬くてカチカチ

ひんやり、冷たい

熱い

などなど、さまざまな感触があったかと思います。

それでは、その「ふくらはぎ」の感触が知らせてくれるそれぞれの不調

下記に書かせていただきますね。

・熱くてかたい

→高血圧

・熱くてかたくない

→かぜ

・冷たくてかたい

→冷え性・婦人病・自律神経失調症

・冷たくてやわらかい

→糖尿病

・冷たくてやわらかく、弾力がない

→腎臓病

こんな不調の可能性があります。

 

 

健康な人のふくらはぎは、筋肉がしっかりと伸縮して、活性化し

しっかりとポンプの役目を果たし、

重力で下半身に下りてきたたくさんの血液を全身に循環させてくれます。

全身の血液がよどみなくサラサラに、体もポカポカ

老廃物をデトックスしやすいキレイな体づくりをめざすには、

まずは「ふくらはぎ」のセルフチェックを行ってみてくださいねキラキラ

ページトップへ