2014/02/13

首こりで深刻な不調にも… だから「首こり さよならストレッチ」 3/5

首こりの原因は、首の筋肉などの緊張(硬直・疲労) です。

IMG_0110

主な要因には、「悪い姿勢」「肩・腕・腰などの疲労」「冷え」「ストレス」
女性に多い「ストレートネック」「首の筋肉が弱い」「ホルモンバランスの乱れ」「目の疲れ」「首こりを招くファッション」 があげられます。
日本人女性の首こり者数は、男性の2倍だそうです。

怖いのは、首には頭と繋がる太い動脈・静脈・神経が通っていて、首の筋肉の緊張がそれらを圧迫し脳・目・鼻・耳への血行不良、副交感神経の働きの低下を招き、次のような不調を引き起こすことです。

  • 首こりが主因の不調 … 頭痛、集中力低下、不眠、イライラ、めまい など
  • 首こりが要因の不調 … 更年期障害、睡眠障害、花粉症、新型うつ、目・鼻・耳に関する不調、肌・髪のトラブル など

首こりを解消するには、「緊張して硬くなっている筋肉を柔らかくする」 こと。
そのための方法の1つとしてストレッチはとても有効ですが、筋肉の緊張を感じたらすぐにやる、毎日続ける ことが必要です。

首こりさよならストレッチは、「簡単に、何処でも、苦痛なく出来る、肩こりの原因の筋肉をほぐすストレッチ」です。
 

【仕事の合間に行うストレッチ】

ご紹介する①~④のストレッチを、パソコン操作なら1時間に1回、スマホならもっと多頻度に、行いましょう。

③「アゴ引き・胸張り」のストレッチ

01

「ストレートネック」は、パソコンやスマホを前屈み・うつむいて長時間使用するなどによって起こります。
このストレッチで、体に正しい首のカーブを思い出してもらいましょう

kubi-3

・アゴを引き胸を張り、次にアゴに手を添えて首ごと後ろに押します

・これを数回行います。

 

2014/02/12

首こりで深刻な不調にも… だから「首こり さよならストレッチ」 2/5

首こりの原因は、首の筋肉などの緊張(硬直・疲労) です。

IMG_0110

主な要因には、「悪い姿勢」「肩・腕・腰などの疲労」「冷え」「ストレス」
女性に多い「ストレートネック」「首の筋肉が弱い」「ホルモンバランスの乱れ」「目の疲れ」「首こりを招くファッション」 があげられます。
日本人女性の首こり者数は、男性の2倍だそうです。

怖いのは、首には頭と繋がる太い動脈・静脈・神経が通っていて、首の筋肉の緊張がそれらを圧迫し脳・目・鼻・耳への血行不良、副交感神経の働きの低下を招き、次のような不調を引き起こすことです。

  • 首こりが主因の不調 … 頭痛、集中力低下、不眠、イライラ、めまい など
  • 首こりが要因の不調 … 更年期障害、睡眠障害、花粉症、新型うつ、目・鼻・耳に関する不調、肌・髪のトラブル など

首こりを解消するには、「緊張して硬くなっている筋肉を柔らかくする」 こと。
そのための方法の1つとしてストレッチはとても有効ですが、筋肉の緊張を感じたらすぐにやる、毎日続ける ことが必要です。

首こりさよならストレッチは、「簡単に、何処でも、苦痛なく出来る、肩こりの原因の筋肉をほぐすストレッチ」です。

 

【仕事の合間に行うストレッチ】

ご紹介する①~④のストレッチを、パソコン操作なら1時間に1回、スマホならもっと多頻度に、行いましょう。

②「首の後ろの筋肉」(僧帽筋など)のストレッチ

kubi-7

猫背やストレートネックだと、首の後ろの筋肉に大きな負担がかかり、筋肉が強く緊張します。

このストレッチで筋肉をほぐし、首こりの改善を図りましょう。

kubi-2

・両手を頭の後ろで組み、まず、息をゆっくり吐きながら頭を前に倒します。

・息を吸いながら戻し、息をゆっくり吐きながら頭を後ろに倒します。

・これを数回行います。

 

2014/02/11

首こりで深刻な不調にも… だから「首こり さよならストレッチ」 1/5

首こりの原因は、首の筋肉などの緊張(硬直・疲労) です。

IMG_0110

主な要因には、「悪い姿勢」「肩・腕・腰などの疲労」「冷え」「ストレス」
女性に多い「ストレートネック」「首の筋肉が弱い」「ホルモンバランスの乱れ」「目の疲れ」「首こりを招くファッション」 があげられます。
日本人女性の首こり者数は、男性の2倍だそうです。

怖いのは、首には頭と繋がる太い動脈・静脈・神経が通っていて、首の筋肉の緊張がそれらを圧迫し脳・目・鼻・耳への血行不良、副交感神経の働きの低下を招き、次のような不調を引き起こすことです。

  • 首こりが主因の不調 … 頭痛、集中力低下、不眠、イライラ、めまい など
  • 首こりが要因の不調 … 更年期障害、睡眠障害、花粉症、新型うつ、目・鼻・耳に関する不調、肌・髪のトラブル など

首こりを解消するには、「緊張して硬くなっている筋肉を柔らかくする」 こと。
そのための方法の1つとしてストレッチはとても有効ですが、筋肉の緊張を感じたらすぐにやる、毎日続ける ことが必要です。

首こりさよならストレッチは、「簡単に、何処でも、苦痛なく出来る、肩こりの原因の筋肉をほぐすストレッチ」です。
 

【仕事の合間に行うストレッチ】

これからご紹介する①~④のストレッチを、パソコン操作なら1時間に1回、スマホならもっと多頻度に、行いましょう。

①「首の横の筋肉」(胸鎖乳突筋など)のストレッチ

kubi-6

首の横にある胸鎖乳突筋のすぐ下には、太い動脈・静脈・神経が通っています。
このストレッチで筋肉をほぐし、頭部への血行や副交感神経の働きを改善させましょう。

kubi-1

・まず、右手を頭の左側に添え、息をゆっくり吐きながら頭を右側に倒します。

・次に、左も同様に行います。

・右左各1回を1セットとして、数回行います。

 

ページトップへ