fbpx

2016/12/05

ヨガで首こり対策ー2 ヨガインストラクター Emi

ヨガインストラクターの Emi です。

こんにちは。

emi-3

.

 

ヨガで首こり対策ー1

の続きです。

 

o0640042713750868786

 

首こりになってしまう大きな原因は、

 

スマホを使う時の姿勢です。

 

首より頭が前になっているので、首こりになる、ということでした。

 

今回は、首や胸を見ていきます。

 

 

●首がこるところ

 

頭が前になる姿勢の時、おもにこの二つの筋肉が使われます。

 

胸鎖乳突筋と斜角筋群(前・中・後)です。

 

胸鎖乳突筋

 

o0480064113752066492

前から見た図

 

胸骨と鎖骨から、側頭骨へつながっています。

 

o0480064113752066498

横から見た図

 

斜角筋群は、胸鎖乳突筋の後ろにあります。

 

胸鎖乳突筋と斜角筋群は、

 

頭を横に倒す、頭を前に倒す、

 

首を回す(胸鎖乳突筋)動きの時に働きます。

 

スマホを使っていて、頭が前になっている時に働いていますね。

 

長時間、頭を前に出す姿勢でいると、

 

これらの筋肉が硬くこります。

 

 

●ヨガでできること

 

疲労が溜まり、硬くなった筋肉を緩める動きを取り入れましょう。

 

胸鎖乳突筋は、首をまわす動きをします。

 

このようなツイストのポーズですね。

 

o0149018113749949293

 

ツイストするとき、胴体部分だけでなく、首も回し、

 

肩越しに後ろを見るようにします。

 

 

そして、喉を広げるように、適度に頭を後ろにする動きは、

 

硬くなった胸鎖乳突筋と斜角筋群を伸ばすことが出来ます。

 

ポーズで言うなら、Ustrasana(らくだのポーズ)

 

o0192016713752298907

 

ほかにもMatsyasana(魚のポーズ)も同様です。

 

このように頭を後ろに倒す時は、

 

首や腰の負担になりやすいので、しっかり下半身で体を支えて、

 

無理のない範囲でおこないましょう。

 

 

ポーズではありませんが、

 

頭を横に倒してストレッチするのも効果的です。

 

 

o0640042413752305283

 

 

首は、血管、神経、リンパ節などが通い、

 

特に注意深く扱う必要があります。

 

決して無理のないように行って下さいね。

 

 

次回に続きます。

 

.

IMG_3924

 

ヨガクラスのお知らせ

 

第2・第4土曜日 15:30~16:30(60分) ハタヨガ

 

第2土曜日 17:00~18:30(90分) プライベートヨガレッスン&整体コース
(ヨガレッスンと整体の時間配分は自由。90分全てヨガももちろんOKです。)

 

Emi

 

  • ネット予約なら24時間すぐ予約完了!
    パソコン、スマートフォン、ケータイからご利用できます。
    お問い合せフォームはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ