女性専用・年中無休横浜 青葉台から徒歩2分の整体&ヨガサロン 
Smile Body -スマイルボディ-

ネット予約

ブログ

2019/01/30

赤ちゃんの頬がぷっくりしているのはなぜ?体を支える水分* 青葉台 整体&ヨガサロン スマイルボディ

こんにちは* ゆりえです。

きょうも良いお天気ですね。

空気もまろやかな感触で、春の気配を感じます*

もちろんまだまだ冬ですので、これからも寒い日は多いと思いますが

春はもうすぐですね。

 

さて、私の娘は1歳3か月なのですが

頬がとてもぷっくりしています。

admin-ajax

 

あまりにもぷっくりしているので、

押してみたり頬ずりしてみるのですが

まるでお餅のように弾力があってすべすべふわふわしています。

 

うちの娘に限らず、赤ちゃんはほっぺたがふくよかでかわいいですよね*

大人からすると、この「ハリ」「ツヤ」「うるおい」感は、本当にうらやましいと思います。

どうしてこんなにふっくらしているのでしょうか?

resize

 

じつは人の体はほとんどが水分からできているのですが、

その割合が年齢によって変わってくるのだそうです。

 

体内の水分量はおおよそこのような割合で変遷をたどるそうです。

・胎児・・・体重の90%

・生まれたての赤ちゃん・・・体重の75%

・子ども・・・体重の70%

・大人・・・体重の60~65%

・お年寄り・・・体重の50~55%

 

赤ちゃんのほっぺがぷにぷにしている理由はここにあるようです。

 

大人の私たちでも、体重の約60~65%を占める水分。

体内の水分として代表的なものが「血液」「リンパ液」、それにあまり知られていませんが「脳脊髄液」というものも大切な体液です。

これらの水分がスムーズに循環し酸素や栄養を運ぶことで、筋肉や内臓の健康が成り立っています。

 

私たちの命を支えてくれている体内の水分にちょっと目を向けて、

意識してあげてみてくださいね*

 

また後日詳しくお伝えさせていただきたいと思います。

 

~~*整体&ヨガサロン スマイルボディ  *~~