fbpx

2019/08/23

肩の動きー1)「バインド」のちょっとしたコツ ヨガインストラクター Emi

ヨガインストラクターの Emi です。こんにちは。

emi-3

 

以前の記事で、最近、体のある変化を感じたこと を書きました。

 

具体的には、肩関節の可動域が広がったんです。

 

o0640042413729672624

 

 

そこで、あらためてバインドする動きをいろいろしてみたら、

 

より気持ちよく感じました。

 

今回はバインドのちょっとしたコツを書きます。

.

 

●バインドって?

 

バインドとは、「縛る」という意味です。

 

ヨガのアサナの練習では、両腕を後ろにまわして、

 

指を組んだり、片手で反対の手首あたりを掴んだりします。

 

こんなポーズで行います。

 

o0256013513729642104

 

MarichyasanaA です。

 

.

●関節の動き

 

ちょっとしたコツは、

 

「関節がどのように動いているか」を理解すること

 

です。

 

ただ何気なく、腕を後ろにまわすのと、

 

関節がどのように動いているかを知り、

 

最大限に動かして、腕を後ろにするのとでは結構違います。

 

 

肩の動きを見る時は、

 

肩甲骨(肩甲帯)と、肩関節(腕)の両方を確認すると

 

わかりやすいです。

 

肩甲骨と腕は連動して動いているので。

 

MarichyasanaAで説明しますね。

 

左右どちらも、

 

肩甲骨は、下方回旋と内転

 

肩関節は、伸展と内旋

 

です。

 

 

肩甲骨は、この図のように、

 

o0480064113729663030

 

背骨の方向へ近づく動き(内転)と

 

下角(肩甲骨の一番下の頂点のところ)が

 

内側と同時に下へ向かう動き(下方回旋)です。

 

そして肩関節、上腕は、後ろに向かう動き(伸展)と

 

上腕が内側に回る動き(内旋)です。

 

 

特に注目したいのが、

 

上腕を内側に回す動きです。

 

これをできる限り深く行って、後ろに腕を動かすのと、

 

そうでない場合の違いは結構大きいです。

 

反対の手がつかめなかった方も、

 

実はつかめるかもしれませんよ。

 

この肩関節、脱臼しやすい部分でもあるので、

 

無理のないようにしながら、ぜひお試し下さい。
.

IMG_3924
 
Emi

 

 

  • ネット予約なら24時間すぐ予約完了!
    パソコン、スマートフォン、ケータイからご利用できます。
    お問い合せフォームはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ