fbpx

2016/12/10

ヨガで首こり対策ー3 ヨガインストラクター Emi

ヨガインストラクターの Emi です。

こんにちは。

emi-3

.

ヨガで首こり対策ー1

ヨガで首こり対策ー2

の続きです。

 

o0640042513752725971

 

首こりになってしまう大きな原因は、

 

スマホを使う時の姿勢です。

 

首より頭が前になっているので、首こりになる、ということでした。

 

 

●胸を開こう

 

首より頭が前になっていると、猫背のように、

 

背中が丸くなってしまいます。

 

肩甲骨は、左右外側にずれて、肩が前のめりになります。

 

そうすると、胸が閉じてしまうのです。

 

スマホだけでなく、パソコンの作業、

 

料理や運転、デスクワークなど、

 

日常のあらゆる作業は肩が前のめりになります。

 

長時間この姿勢を取り続けると、

 

体にとって、猫背が「自然」な姿勢になってしまいます。

 

この姿勢を改善して、楽にするためにも、

 

胸を開く動きをしましょう。

 

特に意識したいのは、小胸筋です。

 

o0480064113752747953

 

肩甲骨と肋骨をつないで、

 

肩甲骨を外転(背骨から離れる動き)させる時に働きます。

 

 

●ヨガでできること

 

小胸筋は、左右の肩甲骨を背骨に引きつけるときに、

 

ストレッチされます。

 

よくクラスでやりますよね。

 

どのようなポーズで小胸筋をストレッチしているかというと、

 

Purvottanasana 斜面のポーズ

o0346017613715192859

 

斜面のポーズで膝を曲げて、テーブルトップにしても同じです。

 

コブラのポーズや、上向きの弓のポーズも同様です。

 

肩甲骨を内転(背骨に引きつける)して、

 

硬くなっている小胸筋を解しましょう。

 

呼吸が深くなる効果もありますから、全身に効果的です。

 

 

 

首こりについて、

 

背骨(背中)、首、胸のそれぞれを見てみました。

 

ヨガの練習をしている方はおわかりだと思いますが、

 

おすすめした動きとポーズは、

 

どれもヨガのクラスでよく行っていますね。

 

クラスで行っている時も、意識して動いてみると、

 

よりわかると思いますよ。

 

首こりにお悩みの方のお役に立てていれば幸いです。

 

ヨガで首こり対策ー1

ヨガで首こり対策ー2

.

IMG_3924

 

ヨガクラスのお知らせ

 

第2・第4土曜日 15:30~16:30(60分) ハタヨガ

 

第2土曜日 17:00~18:30(90分) プライベートヨガレッスン&整体コース
(ヨガレッスンと整体の時間配分は自由。90分全てヨガももちろんOKです。)

 

Emi

 

  • ネット予約なら24時間すぐ予約完了!
    パソコン、スマートフォン、ケータイからご利用できます。
    お問い合せフォームはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ