fbpx

2015/09/21

「ガンにならないために」その3 *どうしたら防げるの*

スマイルボディの松尾です。

本日は、昨日に引き続き「ガンにならないために」その3 です。

 


 

その3 どうしたら防げるの

 

 ここで伝えたいこと まとめ

ガンは、昨日ご説明したとおり、「悪い 環境・遺伝・食事・生活習慣」によりガン細胞が多く発生したり、「血行不良による体の冷え」や「働き過ぎや心の悩みによるストレス」などにより免疫細胞がうまく働かなくなったりして、ガン細胞を全滅させることができず、生き残ったガン細胞が細胞分裂を繰り返し大きくなってしまった結果です。
それを防ぐには、なるまでの過程のどれかを改善することです。

  • おすすめ №1 … 免疫力を高める
  • おすすめ №2 … ストレスとうまく付き合う
  • おすすめ №3 … 発ガン物質を避ける
  • おすすめ №4 … 早期発見できる検査を活用

 

おすすめ №1 … 免疫力を高める

img_01chart_02

「免疫力」が下がると「ガンになる率」が上がります。
ガンは10年~20年かけて大きくなり発症しますので、30歳代、40歳代で免疫力を下げない努力をすることが、働き盛りにガンにならないカギとなります。

ヘビースモーカーなのに老人になっても肺ガンにならない人は大勢います。
その理由は、その人たちの免疫力が高く、体内に一般の人より大量のガン細胞が発生しても、免疫細胞がしっかり働き全滅させ続けてきたからです。

免疫力を高めるには、血行を良くして体温を高め、体の隅々まで酸素を行き渡らせ、免疫細胞の活動を高めることです。

0250_xlarge

免疫力アップ 5つの方法

  1. 冷え・こり・痛む筋肉を緩める
  2. 適度な運動をする
  3. 良い食事をする
  4. 質の高い睡眠をとる
  5. 身心をリラックスさせる

スマイルボディでは、この5つ全てがかなう
免疫力アップ最強の組合せ、

整体・ヨガ・酵素 の3本柱をご用意しています。
整体・ヨガ・酵素

 

おすすめ №2 … ストレスとうまく付き合う

免疫学の権威 医学博士 安保 徹 氏 は、こんな提唱をしています。

ガンにならない 8つのルール

1. 心の不安やストレスに目を向ける
2. 頑張りすぎの生き方を変える
3. 息抜き・リラックスの方法を見つける
4. 体を冷やさない工夫をする
5. 暴飲暴食をやめて体にやさしい食事をする
6. 有酸素運動を生活に取り入れる
7. 笑いや感謝の気持ちを大事にする
8. 生きがい・一生の楽しみ・目標を見つける

 

おすすめ №3 … 発ガン物質を避ける

たばこ、放射能、ピロリ菌、肝炎 … ガンになる確率が格段に上がります。
発ガン物質、ガンになりやすい生活習慣を出来るだけ避けることも大切です。
ただ、ウィルス・細菌・職場環境・食品添加物・遺伝 などなど、
避け辛いものもたくさんありますので、ストレスにならない範囲で。
 health03-p01

 

おすすめ №4 … 早期発見できる検査を活用

今から№1~№3に取り組んでも、10年~20年前に出来てしまっていたガン細胞がこれから発症するかもしれません。
でも、早期ガンのうちに発見できて早期に治療すれば、完治する可能性は高いです。

詳しくは、明日お伝えします。

 


 

次回は最終回、「その4 早期発見 最新事情」です。

 

スマイルボディ
代表 松尾さとし

 

>

  • ネット予約なら24時間すぐ予約完了!
    パソコン、スマートフォン、ケータイからご利用できます。
    お問い合せフォームはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ