2016/11/06

肩の動きー5)ガルーダアサナ(鷲のポーズ)の肩(肩こり対策) ヨガインストラクター Emi

ヨガインストラクターの Emi です。こんにちは。

emi-3

.

肩の動きー1)「バインド」のちょっとしたコツ

肩の動きー2)バインドが苦手なのは、腕と胸が原因かも(肩こり対策)

肩の動きー3)ゴームカアサナ(肩こり対策)

肩の動きー4)ゴームカアサナの左右差(肩こり対策) 

 

肩の動きシリーズは今回でひとまず終了します。

 

最後はガルーダアサナ(鷲のポーズ)の肩です。

 

o2848428813729964446

 

 

●ガルーダアサナ(鷲のポーズ)の肩をみる

 

この図のポーズは、下半身が難しいですが、

 

この腕の動きです。

 

o0134025213729957915

 

 

両方の肩甲骨と肩関節(上腕)はほぼ同じ動きをしています。

 

肩甲骨は、外転(背骨から離れる動き)、挙上、上方回旋

 

肩関節は、外旋(外側に回す動き)、屈曲、

 

内転(腕を体の中心に寄せる動き)

 

です。

 

重ねている上の腕と、下の腕で違うのは、三角筋です。

 

上の腕の三角筋は、収縮していますが、

 

下の腕の三角筋は、ストレッチされています。

 

 

 

●菱形筋を動かす

 

肩の動き1〜4では、肩こり対策の観点から、

 

肩関節(上腕)の動きに注目してきましたが、

 

このポーズで注目したいのは、肩関節ではなく、

 

肩甲骨の動きです。

 

特に、肩甲骨の外転(背骨から離れる動き)です。

 

 

o0480064113729989806

 

この肩甲骨が外転しているとき、

 

菱形筋がストレッチされています。

 

o0480064113729987526

 

これが肩こりに効果的なんです。

 

 

 

●菱形筋が硬い理由

 

菱形筋は、収縮して硬くなって、コリになる、のではなく、

 

常にストレッチされて、緊張しっぱなしで、

 

パンパンに張って硬くなる感じです。

 

なぜなら、こちらの記事にも書きましたが、

 

肩の動きー2)バインドが苦手なのは、腕と胸が原因かも(肩こり対策)

 

私たちの日常の作業は、腕を前に出す、肩が前に出て、

 

いわゆる猫背の姿勢で行うことが多いので、

 

肩甲骨が外転して、菱形筋はパンパン、カチカチです。

 

その菱形筋をストレッチして、動かすことで、

 

ハリや緊張をほぐして柔らかくすることができます。

 

また、菱形筋を収縮する動き(肩甲骨の内転)も

 

同時に行うと更に効果的です。

 

ゴームカアサナの下の腕、バインドもいいですし、

 

肩の動きー3)ゴームカアサナ(肩こり対策)

 

このパルシュヴォッタナアサナもおすすめです。

 

o2848428813729964221

 

 

 

肩の動きシリーズ、いかがでしたか?

 

ヨガに興味を持っていて、これからはじめたいな、という方には、

 

ヨガの練習が、自然と肩こり予防になっていることを、

 

既にヨガを練習している方には、

 

この動きが、こんなふうに肩こり予防になっているんだ、ということが

 

伝われば嬉しいです。

 

肩の動きー1)「バインド」のちょっとしたコツ

肩の動きー2)バインドが苦手なのは、腕と胸が原因かも(肩こり対策)

肩の動きー3)ゴームカアサナ(肩こり対策)

肩の動きー4)ゴームカアサナの左右差(肩こり対策) 

 

 

.

IMG_3924

 

ヨガクラスのお知らせ

 

第2・第4土曜日 15:30~16:30(60分) ハタヨガ

 

第2土曜日 17:00~18:30(90分) プライベートヨガレッスン&整体コース
(ヨガレッスンと整体の時間配分は自由。90分全てヨガももちろんOKです。)

 

Emi

 

  • ネット予約なら24時間すぐ予約完了!
    パソコン、スマートフォン、ケータイからご利用できます。
    お問い合せフォームはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ