fbpx

2019/08/04

図解「頭痛」種類別の原因と改善法

スマイルボディ代表の 松尾 です。

0054_xlarge

 

図解 原因と改善法シリーズ」 は、

症状別に

  • どんな種類があるのか
  • なぜ なるのか
  • どうしたら 改善するのか

をお伝えするシリーズです。
(20症状を予定しています)

今回は「頭痛」です。

0004

 

その1 命に関わる頭痛 と 慢性頭痛

 

頭痛の種類と割合

  頭痛には、大別すると次の2種類があります。

  • 命に関わる頭痛 1% … くも膜下出血、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫 他
  • 命に関わらない頭痛 99% … 緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛 他

  頭痛の種類と割合    

 

命に関わる頭痛

  命に関わる頭痛には、くも膜下出血、髄膜炎、脳出血、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫 などがあります。  

 

● 命に関わる頭痛のサイン 

ご自身や周りの人に、このような頭痛が起きたら速やかに脳神経外科など医療機関の診察を受けましょう。

経験したことがない激しい頭痛

○ 痛みが徐々に悪化し持続する頭痛

○ 麻痺・痺れ・失禁を伴う頭痛

頭痛があり 発熱・吐き気・嘔吐・発疹などを伴う

○ 頭痛があり 意識がぼんやり・ろれつが回らない

PHM06_0097  

 

● 命に関わる頭痛を伴う病気の症状
頭をバットで殴られたような痛み、さらに、吐き気や嘔吐を伴う症状。 くも膜下出血
頭全体、特に後頭部が強く痛み、うなじが硬くなって、体を動かすと痛みが増す。そして、38~39℃の熱がでるような症状。 髄膜炎
頭痛や吐き気にともなって手足がしびれて、感覚が鈍ったり、動かせなくなる。意識がぼんやりして、ろれつが回らないような症状。 脳出血
頭全体や一部分の重い感じや鈍痛が徐々に悪化していき、吐き気がないのに突然吐くような症状。 脳腫瘍
思い返すと1~2ヶ月前に頭を強く打った覚えがあり、頭痛のほかに手足の麻痺や尿失禁などがあるような症状。 慢性硬膜下血腫

 

命に関わらない頭痛

  頭痛のうち、命に関わらない頭痛「慢性頭痛」には、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛 があります。

主な症状は次のとおりです。

zutsu_chart  


 

その2 緊張型頭痛 原因と対処方法

 

緊張型頭痛 とは

頭痛の約70%が 緊張型頭痛。
後頭部から首筋を中心とした頭全体に痛みが起こります。

tsurumi_01_page_01-1

主な原因は、ストレスや血行不良により首の後ろの筋肉が緊張(首こり)することにより、神経を圧迫するためだと言われています。

kubi-1-2

 

緊張型頭痛 対処法

 

対処法は、主原因である「首の後ろの筋肉の緊張(首こり)を緩和」させることです。

 

●「整体」で首こり改善

整体が、首こり・緊張型頭痛の改善に、最も効果的な方法です。

ただし、首をひねったり・引っ張ったり、強くもんだり…
そのような治療をする所で、施術を受けてはいけません。
デリケートな首に強い力を加えることは、
とても危険 ですし、
更に首こりが強くなり、頭痛を悪化させる恐れがあります。

スマイルボディの「ゆらぎリリース整体」は、
私が、自らの首の痛み・頭痛を改善するため、
長年の研究を経て開発した
「たった500グラムの圧力(ペットボトルの重さ)」で、
特別な技法により「緊張した筋肉を芯まで緩め」、
かつ「とても気持ちいい
」、安全で効果が高く
首こりの改善に特に有効な 整体法です。

C003414184

スマイルボディで整体を受ける方の9割が首こりで、
ほとんどの方が首こりの改善とともに頭痛も解消しています。

image1

 

●「悪い生活を正す」ことで首こり改善

下記のような生活上の首こりの「要因」を減らす方法です。

  • 悪い姿勢を正す
  • 首を疲労させないようにする
  • 冷え・ストレスを回避する
  • ヨガなどで身心のケアをする
  • 食事の改善をする

 

●「サプリメント」で首こり改善

日ごろの食事に問題があり、代謝・治癒力・免疫力が下がったり、ドロドロ血になったり、栄養不足になったり、活性酸素が増えたりして、首こり・緊張型頭痛になっているケースがあります。

食事を改善することが難しければ、サプリメントを利用することで、相応の効果が期待できます。

 

・ 代謝・治癒力・免疫力の改善 → 酵素サプリメント
生野菜・果物があまり摂れない、冷え性、太りやすくなった、風邪を引きやすい、そんな方に。

 

・ ドロドロ血の改善オメガ3脂肪酸サプリメント
揚げ物・スイーツ・スナック菓子が好き、花粉症・アレルギー、そんな方に。

 


 

その3 片頭痛・群発頭痛 原因と対処方法

 

片頭痛・群発頭痛 とは

頭痛のうち、約25%が片頭痛、数%が群発頭痛です。

tsurumi_01_page_01-2

片頭痛は、頭の片側あるいは両側の、主にこめかみから目のあたりが、ずきんずきんと脈打つように激しく痛みます。

月に1回から数回起こり、その痛みが1日中続くこともあり、吐き気、光や音、臭いに敏感になるなどの頭痛以外の症状を伴います。

群発頭痛は、眼の奥が、締め付けられるような、えぐり取られるような痛みを感じます。片頭痛とは違い、我慢することが出来ないほどの痛みが出ます。

睡眠不足のときなどに、出ることが多いと言われます。

数週から数ヵ月の群発期間中、毎日出現する頭痛で、夜間・睡眠時等の決まった時間に頭痛発作が起こりやすいのが特徴です。

img304-1

原因は、まだしっかり解明はされていませんが、頭部の血管の炎症や神経への刺激から、上記のメカニズムで頭痛が起こるのではないかと言われています。

そして、その要因の1つとして「首の横の筋肉の緊張(首こり)」があげられています。

首の横の筋肉(胸鎖乳突筋など)が緊張するとその下を通っている頚動脈・頚静脈を圧迫して、頭へ行く血流・頭から出る血流が阻害され、それにより頭部の血管が炎症を起こしたり神経が刺激されたりするというものです。

kubi-1-1 zutsu-ketsuryu-2

 

首に、下の写真のような筋が出ませんか。

その場合、首の横の筋肉(胸鎖乳突筋)が強く緊張(首こり)しています。

IMG_0114-3

スマイルボディに首こりで来店されたお客さまは、首こりの改善とともに片頭痛なども緩和しています。

このことからも、「首の横の筋肉の緊張(首こり)」が片頭痛・群発頭痛の要因の1つとする説は、かなり有力と考えています。    

 

片頭痛・群発頭痛 対処法

  対処法は、要因の1つである「首の横の筋肉の緊張(首こり)を緩和」させることです。 緊張型頭痛の対処法は「首の後ろの筋肉の緊張(首こり)を緩和」させることでした。

首の筋肉の位置は違いますが、「首こりの緩和」としては同じです。

以下の内容は、緊張型頭痛の対処法と同じ内容となります。

●「整体」で首こり改善

整体が、首こりの改善に、最も効果的な方法です。

ただし、首をひねったり・引っ張ったり、強くもんだり…

そのような治療をする所で、施術を受けてはいけません。

デリケートな首に強い力を加えることは、 とても危険 ですし、 更に首こりが強くなり、頭痛を悪化させる恐れがあります。

スマイルボディの「ゆらぎリリース整体」は、 私が、自らの首の痛み・頭痛を改善するため、 長年の研究を経て開発した 「たった500グラムの圧力(ペットボトルの重さ)」で、 特別な技法により「緊張した筋肉を芯まで緩め」、 かつ「とても気持ちいい」、安全で効果が高く 首こりの改善に特に有効な 整体法です。

C003414184

スマイルボディで整体を受ける方の9割が首こりで、 ほとんどの方が首こりの改善とともに頭痛も解消しています。

image1  

 

●「悪い生活を正す」ことで首こり改善

下記のような生活上の首こりの「要因」を減らす方法です。

  • 悪い姿勢を正す
  • 首を疲労させないようにする
  • 冷え・ストレスを回避する
  • ヨガなどで身心のケアをする
  • 食事の改善をする
●「サプリメント」で首こり改善

日ごろの食事に問題があり、代謝・治癒力・免疫力が下がったり、ドロドロ血になったり、栄養不足になったり、活性酸素が増えたりして、首こり・頭痛になっているケースがあります。

食事を改善することが難しければ、サプリメントを利用することで、相応の効果が期待できます。  

・ 代謝・治癒力・免疫力の改善 → 酵素サプリメント

生野菜・果物があまり摂れない、冷え性、太りやすくなった、風邪を引きやすい、そんな方に。

 

・ ドロドロ血の改善オメガ3脂肪酸サプリメント

揚げ物・スイーツ・スナック菓子が好き、花粉症・アレルギー、そんな方に。  

 


 

以上で、「頭痛」は終了です。

次回もお楽しみに。

 

図解 原因と改善法シリーズ

  1. 肩こり
  2. 腰 痛
  3. 首こり
  4. 頭 痛
  5. 花粉症
  6. ぎっくり腰
  7. 四十肩・五十肩
  8. 顎(がく)関節症
  9. 足の冷え性
  10. ひざ痛
  11. 股関節痛
  12. 足のむくみ
  13. 足や腹筋がつる

 

スマイルボディ
代表 松尾さとし

 

 

ご予約はこちら

C01_bnr2ヶ月先~6時間前 までご予約できます

 

 

  • ネット予約なら24時間すぐ予約完了!
    パソコン、スマートフォン、ケータイからご利用できます。
    お問い合せフォームはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ